お金のJSゾーン節約

お金の節約は今後もっとも必要な課題の一つになっていく事でしょう

お金の使い方見極め性格判断ケース

派手に使う人

お金の使い方によってその人の経済観念だけでなく、性格まで知る方法があります。
とはいえ、この判断方法はその人のすべてを知ることは難しいのですがある程度の傾向を知ることはできるので、どのような人物であるかという見極めが可能となるでしょう。
たとえば、多くのお金を派手に使う人を例に挙げてみましょう。
派手に多くのお金を使うためには、それだけのお金がなければなりません。
つまり、たくさん稼ごうという思いを持つ野心家であり、そしてそれを実現できる実力者かつ努力家の傾向があるでしょう。
ただし、そのようなお金の使い方をする人すべてにこれが当てはまるとは限りません。
中には派手にお金を使うことで周りからちやほやされたい、認められたいといった自己顕示欲や自意識過剰な性格という人もいます。
派手に使っているお金をどのような手段で手に入れたか、それが見極めのポイントなのです。
お金をバンバン使っている人というのは得てして周りにあまりいい印象を与えないかもしれませんが、血のにじむような努力をした結果が身を結んだというケースも少なくないのです。

使い方が「しぶい」人

その逆に、お金の使い方が「しぶい」人はどうでしょうか。
この場合の性格は2つ考えられます。
ひとつはただのケチ、こういった人は他人からの人望がないため、たとえ小銭を持てたとしても大きな成功に到ることは少ないでしょう。
もうひとつは、無駄な極力抑えるけれども必要と考えればしっかり使うという「メリハリ型」です。
将来が有望なのは断然こちらでしょう。
お金の使い方は人それぞれですから、他にもいろいろな使い方をする人がたくさんいます。
それらを見て自分なりに判断して上手く付き合っていくといいでしょう。