お金のJSゾーン節約

お金の節約は今後もっとも必要な課題の一つになっていく事でしょう

100均の誘惑は目を見張るものがある

100均を活用してますか

街を歩けばいたるところに100円均一のお店、いわゆる「100均」があります。
今は消費税の関係で100円ピッタリという店も少なくなりましたが、それでも「こんなものがわずか100円程度で買えるなんて」と立ち寄ったが最後、買い物をせずに店を出ることができない人もいるのではありませんか。
でもちょっと待ってください。
安いから、お得な感じがするからとたくさん買った品物の中には、家に帰って一度や二度しか使っていないものもあるのではないでしょうか。

それどころか、買ったはいいけれども一度も使用したことがないという品物もきっとあることでしょう。
買ったときは便利でおしゃれで使い勝手が良さそうに思えても、いざとなると、やっぱり使わなかったという品が家のあちこちに転がっている人はあなただけではありません。
「買って失敗した」と思ってもたかが百円と罪悪感もなく、そのまま使わずにどこかへ行ってしまった…、ほら、耳の痛い人はたくさんいるはずです。

まさに「安物買いの銭失い」です。

これらが積もり積もっていくらになっているかを考えると、恐ろしくなってしまう人もいることでしょう。

買うものはしっかり見極める

100均が人気ということもあり、100均に関する書籍が多数出版されています。
その中には、さまざまな商品をカテゴリー別に紹介し使いやすさなどをランク付けした雑誌もあります。
この本のいいところは、いいものはいい、ダメなものはダメとはっきり書いてあるところです。
これを参考にすれば、本当に「使える」100均商品を見極めることができます。
とはいえ、100均好きの人にとってあの店のスペースは「麻薬」のようなもの、いらないものは買わないといった強い意志が持てるまで店舗に立ち寄るのは控えたほうがいいかもしれませんね。